« 2013年1月 | メイン | 2013年6月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

腸閉塞

みなさま、こんにちは。
今日で3月も終わり、明日からは4月、さらに新年度でもありますね。

今日は、母が腸閉塞を起こしてしまいましたので、その時のことを書きます。

「家庭の医学」(ネット版)によると、
「腸閉塞とは何らかの原因により腸管内容の通過障害をきたした病態をいいます。
腸閉塞の分類ですが、まず機械的通過障害による機械的〈イレウス〉と、腸管の運動(〈蠕動〉〈ぜんどう〉という)が侵された機能的〈イレウス〉とに大別されます。」


とかいうふうに大別され、さらにまたいくつかに分類されるようですが、それらは置いといて、母の経過をお話しますと、火曜日の朝、突然、左のお尻から足にかけて激痛が出ました。
吐き気があり、嘔吐しました。

しかし、腰が痛いことから整形外科を受診。
骨折はないとの診断に痛み止めの薬を処方され帰ってきました。

1日目は涙が出るほどの痛みがあったものの、2日目は少し痛みも緩和されたようでしたが、ずっとではないのですが、やはり吐き気が止まりません。

この時点で内科の受診をすすめましたが、気力がないとの返事。
この日から胃部の痛みを訴え始めました。

3日目の朝、嘔吐がひどくなり、このままでは危険と判断、救急車を呼び市民病院に搬送されたところ、腸ヘルニア(難しい名前がついてます)と腸閉塞を起こしており、緊急手術を要するとの告知。

さすがに、びっくりしました。
幸い、ヘルニアの部分が軽くて、腸が破裂することもなく、7センチほど切って、手術は1時間ほどで終わりました。

吐き気と腹痛というごくありふれた症状で始まり、高齢のやせた女性に多いというこの病気、手遅れになると命も失ってしまいます。
気をつけて様子がおかしければ早いうちに手を打ちましょう。

2013年3月17日 (日)

唇の感想を防ぐ

みなさま、こんにちは。
お久しぶりのララでございます。
2013年第1回目のブログにて、無沙汰をわび、反省して心を入れ替えたつもりが、思わぬことからこのようなことになってしまいました。(^^;


さて、突然ですが、みなさまは唇が乾燥していませんか?
ララは、2年前の脂漏性皮膚炎の頃、ものすごく乾燥してリップクリームをべたべた塗っていました。
しかも、はみだすほどにです。

これが、そもそも間違いといいますか、かえって乾燥を加速させていたと気づいたのは、たまたま聞いたラジオの医療相談で、皮膚科の先生がお話されていた答えからでした。


まず、×なこと
□唇をなめる
□リップクリームを塗りすぎる。塗るときに唇からはみだして塗る
□唇の皮をむく


では、○なこと
□唇を舌でなめない
□リップクリームを塗る回数は、1日3回ていどにして、軽く塗る
□唇からはみださないように塗る
□乾燥がはげしいときはワセリンを軽く、こちらも1日に3回程度


これを実行していましたら、ララは現在ほとんど唇の乾燥がなくなりました。
リップクリームもたまにしか塗っていません。
要するに、何もしないのが一番いいのかもしれませんね。
とはいえ、乾燥がひどい時はそれなりのケアが必要ですから、いきなり全部やめてしまうというようなことは無謀ですからしないでくださいね。


では、みなさま、三寒四温の折り、くれぐれも御身をご自愛ください。